« 2009年4月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年10月30日 (金)

ポーポキのファンへありがとう!

神戸大学にポーポキの隠れファンがいらっしゃいます。
今日、その方から寄付をいただきました。
感激しました。本当にありがとWith_1_flowerうございます!

| | コメント (0)

2009年10月25日 (日)

ポーポキ・ピース・チャレンジ!

ポーポキ・ピース・プロジェクトによる平和のための写真展と関連イベント 

ポーポキ・ピース・チャレンジ!

「chirashi_japanese.pdf」をダウンロード

「chirashi_english.pdf」をダウンロード

ねこのポーポキと一緒に灘の平和を探そう! 「いのち・・・」。いろいろな「いのち」があります。自分や自分の大切な人たちのいのち。ペットのいのち。まわりの人々のいのち。地球上の動植物のいのち。そして、地球そのもののいのち。みんながとても大切です。でも、あちらこちらで「いのち」が脅かされています。どこで、どういうふうに?写真はアフガンやイラクといった戦争地の中で生きている子どもたち、核によって放射能を浴びても生きている人たち、旧ユーゴなどで戦争を体験した人たち・・・。みんな生きています。
今回のイベントは、3つのPartを通して、「いのち」と「平和」について、皆さんと一緒に考える空間にしたいと思います。
Part 1: 森住卓さんの写真展を通して世界の「いのち」や「平和」を考えます。
Part 2: 戦地などで写真撮影・取材をされてきた森住さんの講演から「いのち」や「平和」について学びます。
Part 3: ピース・マップづくりを通して、私たちの街の「いのち」や「平和」を見つけます。
自分のいのち、他人のいのち、地球のいのち…。いのちって、どんな色でしょう?



Part 1 「いのちって、なにいろ色?」森住卓 平和のための写真展
期間2010年1月8日(金)~1月14日(木)(無料)
時間09:00-22:00(ただし、初日は15:00より;最終日は15:00まで)
会場:神戸学生青年センター (阪急六甲駅より徒歩5分)

Part 2  講演:「レンズを通しての平和といのち」(講師:森住卓)
日時2010年1月8日(金)18:30-20:30 (18:00開場)  資料代:300円
会場:神戸学生青年センター (阪急六甲駅より徒歩5分)

森住卓(もりずみたかし)。1951年 神奈川県生まれ。フォトジャーナリスト。イラク戦争の子どもたち、セミパラチンスクで核実験の死の灰を浴びた人たち、沖縄戦を体験した住民、米軍が湾岸戦争等で使った劣化ウラン弾の影響などの取材を続けています。著書多数。http://www.morizumi-pj.com/

Part 3  灘のピース・マップづくり
日時2010年1月9日(土)  13:30-17:00
 
対象:1時間コースを歩くことができる方ならどなたでも参加できます。
参加費:500円 (小・中学生300円)  雨天決行
参加方法:名前、連絡先、緊急連絡先、年齢、その他(車いすで参加など) 宛にメール(popokipeace@gmail.com) 又は Fax (078-803-7295・神戸大学大学院国際協力研究科・事務室)でお申し込みください。
* 家族でご参加の場合、各自のお名前をご記入ください。
参加申し込みの〆切:2009年12月16日(水)

内容
グループに分かれて、1時間ほどなだ灘の街を歩きながら「平和」を探して来て、戻ってからみんなで「灘のピース・マップ」をつくります。
*用意するもの:動きやすい服装(室内外)・デジカメ(お持ちのかた方)・メモ帳

灘の平和って、 どんな色かしら?

スケジュール
13:30 ワークショップ:「ポーポキ、平和って、なに色?」
14:00 森住卓さんの話「カメラで探す平和」
14:15 グループ・タイム 作業説明など
14:30 出発!
15:30 学生青年センターに戻り、ピース・マップづくり
16:30  まとめ:みんなのピース・マップ発表
17:00  解散

会場:神戸学生青年センター (阪急六甲駅より徒歩5分)
神戸市灘区山田町3-1-1
Tel: 078-851-2760; Fax: 078-821-5878  URL:http://ksyc.jp 

お問い合わせ・ポーポキ・ピース・プロジェクト

メールpopokipeace@gmail.com


主催:ポーポキ・ピース・プロジェクト http://popoki.cruisejapan.com popokipeace@gmail.com 
*このイベントは、神戸大学・灘区まちづくりチャレンジ事業助成によって行われます。

| | コメント (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2010年1月 »