« 2007年5月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年7月 6日 (金)

ポーポキのワークショップ(英語)報告

日時:2007531日(木) 19002000

場所:神戸YMCA4F「English Space Free Zone」

講師:ロニー・アレキサンダー氏(神戸YMCA国際活動委員、神戸大学大学院教授)

内容:ロニー・アレキサンダー氏の著書“ポーポキ、平和って、何色”に基づいたワークショップ

参加者:24名 (男女比 9:15)

アンケート結果に基づく講評:

<参加者の英会話レベル>

初めて23%、初級45%、中級23%、上級9%、第一言語0%

<日ごろの平和に対する関心度>

とてもある36%、ややある64%、あまりない0%、ほとんどない0%

Q、内容はいかがでしたか? 5(良い)― 1(悪い)

アベレージ: 4.5

コメント(理由):

    今まで食べ物を平和に結びつけて考えたことがなかったからためになった

    「食」が平和に関係がある、ということに気付くことができた

    本を使って、というテーマ設定が良かった

    このような形だと難しくなく、考えやすい

    平和の色、味、においを今まで考えたことがなかったのでいい機会になった

    ロニーさんの話がとてもおもしろかった

    日本語ではなく英語だったので刺激を受けた

    ポーポキがかわいかった

Q、英語での講義をどの程度理解できましたか?  

アベレージ: 4.0

コメント:

    ロニーさんの英語が聞き取りやすかった

    分かりやすく話していただいたので、問題なく理解できた。

    スピードが速いときは聞き取れなかった

    日ごろ英語と接する機会がないので、よくわからなかった                                              

                                  ↑ グループの作品

    語学力をもっとつけなければならない、と思った

    単語が分からなくても、なんとなく内容が理解できた

Q、講義の時間の長さ(1時間)は十分でしたか?

長い0%、ちょうどよい82%、短い18%

Q、今後このような英会話イベントがあったら参加してみたいですか?

YES 100%、NO 0%

コメント(理由):

    平和について学べて、さらに英語も学べるから

    絵を描いたりと、楽しく考えることができるから

    英会話スクールに通う余裕がないので、このようなイベントはありがたい

    英会話を上達させたいから

その他コメント

    発表のときに英語でうまく説明できないところを日本語で言いたかった。十分に説明できなくて残念だった。

総評:

    平和について考えるだけでなく英語の勉強もできる、というプログラムができたことがよかった。また、英会話で平和を学べる、ということがYMCA独自の活動であり、一般的な英会話スクールとの差別化につながる。

    今回は、平和についてあまり考える機会がないので参加してよかった、という参加者が多かった。

    広報開始が遅くなってしまった。最低でも1ヶ月前までには終わらせておかなければならない。

    今後も継続してやっていくことが大切である。しかし、他の講師がやるにはまだまだ準

備と時間が必要なため、できれば数回はロニー氏に依頼をしたい。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2008年1月 »